迷走の果て・Tiny Objects

迷走する日々の覚え書きです。自分で分かってることは省略してますので、念のため。

デジットでお買い物・LED光拡散キャップ

cap070929_1

デジットで見つけたのはLED光拡散キャップ。52円也。
秋月電子でも同様のものを売っています、同じかどうかはわかりません。

cap070929_2

cap070929_3

上が使用前、下が使用後。
光が拡散されて横からも見えやすくなります。
スポンサーサイト

音叉発振器(多分)

onsa070927_1ジャンクボックスから出てきたのは音叉発振器(多分)。
2500というのは発振周波数が2500Hzという意味です。

onsa070927_2DAINI SEIKOSHAってあのセイコー関連でしょうね。

onsa070927_3裏面。

onsa070927_4電源電圧12Vの時の出力。
横軸は0.1mS/divなので発振周波数は2500Hz。
縦軸は0.5V/div。

動いちゃいました

avr090924BASCOM-AVRをダウンロードし、こちらのサイトからプログラムをいただいてコンパイル、出来たHEXファイルをデジットで買ったAVRライタで書き込むと、ちゃんと動作しました。
LEDが1秒ごとに明るさを変えています。

FUSEビットとかあれこれわからないことがあるけど、とりあえず動いたので何かうれしい。


AVR事始め

AVR070917_1デジットで買ってしまいました、USB接続型AVRライタ/AVRWRT
完成品です、電源のLEDぐらいつけて欲しいもんです。


AVR070917_2裏面、47pFのコンデンサが・・・。

AVR070917_3Tiny2313の汎用基板も一緒に購入、これはキットなので自分で組み立てる必要があります。
手前のコネクタは取り付けません。

AVR070917_4実験しやすくするためにブレッドボードと一緒にアルミシャーシにのせてみました。

AVR070917_5ライタに付属のソフト。
ドライバをインストール後、買った汎用基板と接続してみると無事デバイスを認識しました。
さてこれからどうすればいいのかなぁ

光り物・HT7733を使う

共立のLEDキットをいじっておりました。

実験中にキットの部品をあれこれ変更してしまいました。

コイルをデジットで十個300円也の100μHのに交換。
LED070915_1



ダイオードをショットキーバリアに変更。
出力側のコンデンサを100μFの電解コンデンサに変更。
HT7750をHT7733に変更。

要するに元の部品はほとんど使ってません(汗)

HT7733でも白色LEDはちゃんと光りました、電流制限抵抗が100Ωの時、LED電流は約4mAでした。
これを1Ωにしたところ約20mAほど流れ明るく光ります。
(1Ωの抵抗は電流値を測るために入れたようなものです。)
ただしLEDの順方向電圧は温度の影響を受けます。
温度が下がると順方向電圧は高くなるので、寒くなると光らなくなる、または暗くなるかもしれません、念のため。
また使うLEDによっても違いが出ると思います。

ちなみに入力電圧1.37Vで13mAの時、出力は3.3Vで4.3mAでしたので効率は約80%です。

これを電池ケースに組み込む事にしましたが、基板がちょっとだけ大きいので入りません、
削って押し込みました。
LED070915_2



LED070915_3

左側のスイッチは光の強弱を切り替えるためのもの。


電子負荷・つぎはぎだらけ

電子負荷2_1

またまた変更した。
電流値の設定にロータリースイッチを二つ並べた。
NJU7096を二電源で動かすようにした。
NJU7096 は「出力は電源電圧範囲内でフルスイングが可能」
ということだが完全にフルスイングが可能というわけではない。
NJU7096をボルテージフォロア接続し、電源を3V単一電源としたときの入出力電圧が系列2。
ICL7660を使って負電圧を発生させて、二電源としたときの入出力電圧が系列1。
NJU7096

当然ながら単一電源だと0V付近でのリニアリティが悪い。

電子負荷・その後

電子負荷4

回路を一部変更、それに伴いケースの穴あけ追加。みっともない格好になってしまった。

ロータリースイッチで10mAステップで切り替え、
可変抵抗器では0~10mA可変させる。
最初から十回転のポテンショメータを使ってれば簡単だったのだ,ちょっと高価だけど。

NJU7096は1.5Vから動作するので今回の目的にはちょうどいい。
トランジスタは手持ちのを適当に使った。
パスコンやNJU7096の電源周りは回路図上では省略してある。

新たに問題が・・・単電源OPアンプで0Vを出せってのが無理なんでしょうけど・・

久しぶりの制作

電子負荷を作ってみました。
電子負荷1

0~100mAと0~400mAの切り替え式。
パネルで電流値を設定する予定でしたが、問題がありました。

電子負荷2

中身はがらがら、引っ越し荷物の整理中に出てきたケースで何か作ろうと思い立ったので使ってしまいました。

さて問題点とは・・。
電流値がパネルの数字通りにならんのです。
やっと気づきました。使った可変抵抗器には不感帯があるのです。
電子負荷3

目盛りの数字と実際の電流値をプロットしてみました。
横軸が目盛りの数字、縦軸が電流値。

う~ん、どないしたろか・・・。

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

edy

最新記事一覧(サムネイル画像付き)

脈拍センサーMAX30100を試す(5) May 20, 2017
MT3608モジュールを使ったDSO Shell用電源 May 16, 2017
脈拍センサー MAX30100を試す(4)MAX30100_Registers.h を調べる。 May 13, 2017
脈拍センサー MAX30100を試す(3)正常動作?? May 12, 2017
脈拍センサー MAX30100を試す(2)スケッチとライブラリー May 10, 2017
脈拍センサー MAX30100を試す(1) May 08, 2017
Studuino用電池ボックスを作る(2) May 06, 2017
Studuino用電池ボックスを作る May 05, 2017
MT3608モジュールのテスト Apr 30, 2017
BME280モジュールを使った温度・湿度・気圧計(2)DSO Shellを使って動作電流を測る Apr 23, 2017

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログリンク

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  12  11  10  09  07  05  04  03  04  03  01  12  11  10  08  07  06  05  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 

カテゴリ

プログラミング (0)
freescale (1)
AVR (3)
テルミン (16)
緊急警報放送 (3)
78K (1)
PSoC (295)
地上デジタル放送 (2)
電子工作 (399)
HX711 (2)
ACS712 (6)
数学 (6)
パソコン (12)
PLC (14)
未分類 (39)
ブログ関係 (20)
スカイプ (37)
ロボット (1)
LTSpice (8)
OCXO (0)
arduino (28)
maxima (1)
フランクリン発振回路 (3)
GPS (3)
DTMF (1)
Linux (1)
KOMAINO (7)

タグリスト

最近のコメント

最近のトラックバック

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

アクセス

RSSリンクの表示

フリーエリア

FC2Ad

まとめ

Template by たけやん