迷走の果て・Tiny Objects

迷走する日々の覚え書きです。自分で分かってることは省略してますので、念のため。

デジットで20Pin PSoC売ってました。

CY8C24223、20pinPSoCです。デジットにありました、480円也。
アナログブロック6、デジタルブロック4とCY8C27443の半分ですが2.4Vから動作します。
スポンサーサイト

PSoCを使った正弦波発振回路の実験・続き

昨日の続き、out1(LPF三つ)のスペクトル、三次高調波は-60dBほど、OSRが80なので80±1倍の高調波が見える。これが結構大きい。


out2(LPF四つ)のスペクトル、三次高調波は-70dB。
100HzLPF4.png

PSoCを使った正弦波発振回路の実験

PSoCを使った正弦波発振回路は「はじめてのPSoCマイコン」に載っている。矩形波をBPFに通して正弦波を得るというやり方だ。
LPFを通しても同じ事が出来るんじゃないかと思い実験してみた。ブロック図を示しておく。

OSRは80とした。
LPFは結局四つ並べてしまった。矩形波をLPFに通して正弦波を得る場合、三次高調波をどれだけ減衰させられるかが鍵である、LPF一つで-20dBほど減衰させられるので四つ並べれば-80dBぐらいは期待できるかと思ったのだ。
LPFはバターワースではなくチェビシェフを使った。
LPFdesignButterworth.pngバターワースだとコーナー周波数で3dBほどゲインをロスするからである、四つ並べると-12dBほどにもなってしまう。


LPFdesign1dBCheb.pngチェビシェフだとコーナー周波数のロスがほとんど無い。



PSoC二相オシレータ
out1とout2の波形、振幅に若干の違いがある。
意図したわけではないのだが位相が90度ずれている。二相発振器として使えるか?
試しにオシロでX-Y表示させてみるた。
circle.jpg

HT7750の出力電圧をアップさせる。

参加している電子工作の広場SNSHT7750の出力電圧をアップさせる方法が提案されていたので、それを参考にして実験してみました。
HT7750over5V.png
HT7750のVOUTに抵抗を入れて電圧を高くするという方法なんですが、私の実験ではうまくいきませんでした。
ちなみにSNSではHT7750Aを使って実験していたので、その違いかもしれません。
抵抗の代わりに赤色LEDをつなぐとうまくいきました。約6.4V出ます。
調子に乗って赤色LEDを2個にするとうまくいきません、スイッチングしていないのです。
電源投入時に動作に必要な電圧がVOUT端子に供給されないのが原因だと思います。
そこで下図の様にショットキーバリアダイオードをつなぎました、これによって電源投入時にVOUTに必要な電圧が供給できスイッチングがスタートします。

この回路は以前の「秋月電子の電圧計キットでLOBATを表示できるようにする。」の為の電源として使うことを想定しています。7V以上で0.3mA取れれば充分です。
L1は100μHと大きめにして効率を重視しました。その分出力電流は取れませんが、今回の目的には問題ありません。
電池1本で使うことを想定し、入力電圧1Vの時の特性を取ってみました。
ht7750over5.png

HT7750AとOSコン

HT7750A回路
5Vで70mAほど流れる回路があるので、HT7750Aが使えるだろうと先ずは予備実験。
上の回路ですが負荷として75Ωの抵抗をつないでます。
C2とC3は積層セラミック、他の100μFは(普通の)電解コンデンサ。

ここでC4をOSコン(100μF)にしたら特性がとてもよくなりました。
電解コンデンサは小型版を使ったのでなおさら違いが際だったようです。(一般に形状が大きい方がESRが小さい)
HT7750AOSコンの威力

改訂版「はじめてのPSoCマイコン」

入手しました。
初めてのPSoC表紙
初版本と並べてみました。
桑野雅彦著だったのが、桑野雅彦ほか共著となっています。
ほかの著者は松添信宏氏、古平晃洋氏です。

内容は初版+2004年~2008年のトラ技のPSoC関係の記事に加筆、再編集したものとなってますが、前半部分は初版をそのままコピーしたのではありません。使ってるPSoCがCY8C27443からCY8C29466に変わってます。
初めてのPSoC

ここら辺の苦労話はパステルマジックさんの掲示板をお読み下さい。

手創り屋さんでお買い物

買ったのは74LS624と、10MHzクリスタルオシレータ TXO-2605A


早速クリスタルオシレータを自作の周波数カウンタで測定してみました。

今のところ、10.000008MHzで落ち着いています(室温28度)

自作の周波数カウンタは秋月の12.8MHzオシレータを基準クロックに使ってますが、同じ形状です。

で、今調べたら秋月の12.8MHzオシレータが無くなってますね。終了でしょうか?

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

edy

最新記事一覧(サムネイル画像付き)

店の電飾(2)回路の変更とスケッチ Jun 25, 2017
店の電飾 Jun 18, 2017
Arduino Pro Microを試す。(3)HIDとして使う(2) Jun 15, 2017
Arduino Pro Microを試す。(2)HIDとして使う Jun 04, 2017
Arduino Pro Microを試す。(1) Jun 03, 2017
脈拍センサー MAX30102を試す(2)MAX30100と比較 May 29, 2017
脈拍センサーMAX30102を試す(1) May 25, 2017
脈拍センサーMAX30100を試す(5) May 20, 2017
MT3608モジュールを使ったDSO Shell用電源 May 16, 2017
脈拍センサー MAX30100を試す(4)MAX30100_Registers.h を調べる。 May 13, 2017

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログリンク

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  12  11  10  09  07  05  04  03  04  03  01  12  11  10  08  07  06  05  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 

カテゴリ

プログラミング (0)
freescale (1)
AVR (3)
テルミン (16)
緊急警報放送 (3)
78K (1)
PSoC (295)
地上デジタル放送 (2)
電子工作 (403)
HX711 (2)
ACS712 (6)
数学 (6)
パソコン (12)
PLC (14)
未分類 (39)
ブログ関係 (20)
スカイプ (37)
ロボット (1)
LTSpice (8)
OCXO (0)
arduino (31)
maxima (1)
フランクリン発振回路 (3)
GPS (3)
DTMF (1)
Linux (1)
KOMAINO (7)

タグリスト

最近のコメント

最近のトラックバック

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

アクセス

RSSリンクの表示

フリーエリア

FC2Ad

まとめ

Template by たけやん