迷走の果て・Tiny Objects

迷走する日々の覚え書きです。自分で分かってることは省略してますので、念のため。

広帯域パルスジェネレータの実験(4)回路図とプロジェクトファイルは見つかりましたが・・・

パルスジェネレータの概略です。
LTC1799を使った発振回路をPSoCで分周します。周波数を測り、周期を求めて表示します。
LTC1799とPSoCを使ったオシレータ概略

回路図です。テンキーを使うつもりはなかったのですが、ジャンクボックスで見つけて急遽変更した記憶があります^^;;
LTC1799とPSoCを使ったオシレータテンキー版

プロジェクトファイルを見つけて読んでますが、何をやってるのかよくわからん^^;;
読んでいるうちにあれこれ思い出してはきましたが、細かいところが・・・。
ちゃんとコメントを書いておくべきでしたね、後の祭りですが。

スポンサーサイト

広帯域パルスジェネレータの実験(3)

広帯域パルスジェネレータの実験
広帯域パルスジェネレータの実験(2)

二年近く前に実験していて若干の改造もしたのですが、例によって(汗)放置してました。
9レンジあり、下は7.2mHz(周期138秒)から上は13MHzまで。
最高レンジ以外はデューティ比を5%から95%まで5%刻みで設定可能。低いレンジだともっと細かく設定できるのですが、面倒なのでやめた記憶があります。
どこかにバグがあるようで、周波数表示が一瞬ですがまれにおかしくなるときがあり、わからないままでいつの間にか放置^^;;
テンキーはレンジ切り替えとデューティ比のアップダウン用、周波数を直接設定できるわけではありません。
百均のはがきケースに押し込んでます、いずれまともなケースに入れるつもりなんですが、いつになることやら。
PSoCWideBandPG表


PSoCWideBandPG裏

二月末に体調を崩して以来、調子が悪いままなのですがリハビリ(?)兼ねてデバッグしようかと引っ張り出してきました。
問題なのはプロジェクトファイルが見当たらないこと(汗)

2端子温度センサLMT01を試す(13)

体調を崩してました。

LMT01を延長した場合のノイズの影響を調べました。これはあくまで私の住環境下における結果です。
multiLMT01延長線の影響回路
ケーブルで1.3メートル延長し東西方向に伸ばしてみました。
次のようなスケッチで動かしたときのR1の両端波形です。
D5をフロートとLレベルに切り替えて違いを見ました。
void setup()
{
  pinMode(5, INPUT);
  pinMode(6, OUTPUT);
}
void loop()
{
  digitalWrite(6,0);// trig out L
  pinMode(5, OUTPUT);
  digitalWrite(5, 0);
  delay(10);
   digitalWrite(6,1);// trig out H
  pinMode(5, INPUT);
  delay(10);
}

D5をフロートにした時にはノイズが大きくなっています。
multiLMT01延長線の影響fロ
写真ではわからないのですが、これはAM放送波です、NHK大阪第二放送であることを確認してます。
大阪府羽曳野市に放送局があります。
私の住居から南南東約10Kmにあります。

このようにケーブルで延長する場合にはノイズに注意する必要があります。
今回は周波数が一桁上なので簡単なフィルタで除去できますが、他のノイズ源があったとしたらうまくいくとは限りません。
複数のLMT01を延長して使う場合は1つの抵抗でまとめて受けるのではなく、別々にしたほうがノイズに対しては効果的かと考えます。
multiLMT01延長線の影響対策回路
この場合、測定しないLMT01はフロートにせず、Lレベルにしておきます。上記の実験のようにそのほうがノイズに対しては有効だからです。

あくまでケーブルで延長した場合の注意点です、延長しないならここまで気にすることはないでしょう。

これでLMT01の実験は終了とします。



 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

edy

最新記事一覧(サムネイル画像付き)

ブリッジドT発振回路(3)光るランプ Oct 16, 2017
ダイソーのかぼちゃで電飾 Oct 08, 2017
ブリッジドT発振回路(2)オペアンプとっかえひっかえ Oct 07, 2017
ブリッジドT発振回路(1) Oct 02, 2017
AD587を使った基準電源【追加有り】 Oct 01, 2017
DABPを使った発振回路(5)ランプの特性、分圧抵抗を変更、コンデンサを変更。 Sep 24, 2017
DABPを使った発振回路(4)ランプ変更(修正版) Sep 18, 2017
DABPを使った発振回路(3)LEDからランプ制御へ Sep 09, 2017
DABPを使った発振回路(2) Sep 03, 2017
DABPを使った発振回路 Aug 27, 2017

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログリンク

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  12  11  10  09  07  05  04  03  04  03  01  12  11  10  08  07  06  05  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 

カテゴリ

プログラミング (0)
freescale (1)
AVR (3)
テルミン (16)
緊急警報放送 (3)
78K (1)
PSoC (295)
地上デジタル放送 (2)
電子工作 (420)
HX711 (2)
ACS712 (6)
数学 (6)
パソコン (12)
PLC (14)
未分類 (39)
ブログ関係 (20)
スカイプ (37)
ロボット (1)
LTSpice (8)
OCXO (0)
arduino (32)
maxima (1)
フランクリン発振回路 (3)
GPS (3)
DTMF (1)
Linux (1)
KOMAINO (7)

タグリスト

最近のコメント

最近のトラックバック

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

アクセス

RSSリンクの表示

フリーエリア

FC2Ad

まとめ

Template by たけやん