迷走の果て・Tiny Objects

迷走する日々の覚え書きです。自分で分かってることは省略してますので、念のため。

積算電流計の実験

だいぶ間があきました。暑さにやられて、へばってました。

先の記事では電流検出抵抗が10オームでしたが、これでは電圧降下が大きすぎます。
私の場合、最大電流50mAで電圧降下0.1Vとしたいので、抵抗は2オームとします。
電圧がGND近くではAD変換が正確でなくなるので、ここでは下図の原理図のように「ゲタ」を履かせて回避します。
ArduinoでA3とA2の差をとります。
ただこうすると回路のGNDから浮いてしまうのが難点で、負電源を用意すればいいのですが、簡単なので今回はこの方法で試しました。
積算電流計原理
実際の回路です。基準電源は外付けとしました。他にもオペアンプのオフセット調整が必要なのでちょっとややこしくなりました。
なおArduinoにはLCDを繋いでますが、回路上では省略しています。
積算電流計回路
測定には下図のような回路で行いました。
自作の電源は10mVから10Vまで10mVステップで可変できるのですが、今回の実験では最大電圧が0.1Vなので抵抗で1/100にしてます。(正確には1/101ですが・・・)
積算電流計測定時

実験の様子・・・。
積算電流計の実験2

測定結果です、オフセット調整が面倒ですが、直線性は良いようです。
積算電流計グラフ
スポンサーサイト

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

edy

最新記事一覧(サムネイル画像付き)

店の電飾(2)回路の変更とスケッチ Jun 25, 2017
店の電飾 Jun 18, 2017
Arduino Pro Microを試す。(3)HIDとして使う(2) Jun 15, 2017
Arduino Pro Microを試す。(2)HIDとして使う Jun 04, 2017
Arduino Pro Microを試す。(1) Jun 03, 2017
脈拍センサー MAX30102を試す(2)MAX30100と比較 May 29, 2017
脈拍センサーMAX30102を試す(1) May 25, 2017
脈拍センサーMAX30100を試す(5) May 20, 2017
MT3608モジュールを使ったDSO Shell用電源 May 16, 2017
脈拍センサー MAX30100を試す(4)MAX30100_Registers.h を調べる。 May 13, 2017

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログリンク

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  12  11  10  09  07  05  04  03  04  03  01  12  11  10  08  07  06  05  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 

カテゴリ

プログラミング (0)
freescale (1)
AVR (3)
テルミン (16)
緊急警報放送 (3)
78K (1)
PSoC (295)
地上デジタル放送 (2)
電子工作 (403)
HX711 (2)
ACS712 (6)
数学 (6)
パソコン (12)
PLC (14)
未分類 (39)
ブログ関係 (20)
スカイプ (37)
ロボット (1)
LTSpice (8)
OCXO (0)
arduino (31)
maxima (1)
フランクリン発振回路 (3)
GPS (3)
DTMF (1)
Linux (1)
KOMAINO (7)

タグリスト

最近のコメント

最近のトラックバック

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

アクセス

RSSリンクの表示

フリーエリア

FC2Ad

まとめ

Template by たけやん