迷走の果て・Tiny Objects

迷走する日々の覚え書きです。自分で分かってることは省略してますので、念のため。

リアルタイムクロック

psoc060523_1リアルタイムクロックを接続してみた。
テスト段階なので時間合わせ等はまだ出来ない。
写真がちょっとピンぼけ(汗
上の行は時分秒、コントロールレジスタ1、コントロールレジスタ2
下の行は年月日、曜日(日曜が0、月曜が1、・・・)


ユーザーモジュールはLCDとI2Cmだけ。
プログラムはI2Cmのサンプルコードが大変参考になった、というよりそのまんまパクった。
未整理なので無駄なコードがあるかも。
起動すると、2006年5月22日10時00分00秒にセットして、後はひたすら表示するだけの簡単なもの。
RTC-8564は設定によりCLKOUTに1Hzを出せるのでそれで割り込みをかけて表示するようにすればいいだろう(多分)
読み出したデータで不必要なビットは必ずマスクしておくこと、これはアプリケーションマニュアルに書いてある。

//----------------------------------------------------------------------------
// C main line
// RTC-8564
// 2006/5/23
//----------------------------------------------------------------------------

#include // part specific constants and macros
#include "PSoCAPI.h" // PSoC API definitions for all User Modules
const BYTE txCBuf[] = { 0x00, // Slave internal sub-address 0
0x00, // control 1
0x00, // control 2
0x00, // Seconds
0x00, // Miunites
0x10, // Hours
0x22, // Days
0x01, // Weekdays
0x05, // Month/Century
0x06};// Years

void main()
{
BYTE rxBuf[15];
BYTE status; // I2C communication status
BYTE i; // Temp counter variable

I2Cm_1_Start(); // Initialize I2C Master interface
LCD_1_Start();

status = I2Cm_1_bWriteCBytes(0x51,txCBuf,10,I2Cm_1_CompleteXfer); // Set the time

while(1) {
status = I2Cm_1_bWriteCBytes(0x51,txCBuf,1,I2Cm_1_NoStop);
status = I2Cm_1_fReadBytes(0x51,rxBuf,10,I2Cm_1_RepStart );
if(status == 0) {
LCD_1_Position(0,0);
LCD_1_PrCString("Error");
}
else {
LCD_1_Position(0,0);
LCD_1_PrHexByte(rxBuf[4] & 0x3f); // Hours
LCD_1_PrCString(":");
LCD_1_PrHexByte(rxBuf[3] & 0x7f); // Muinites
LCD_1_PrCString(":");
LCD_1_PrHexByte(rxBuf[2]); // Seconds
LCD_1_PrCString(" ");
LCD_1_PrHexByte(rxBuf[0]);
LCD_1_PrCString(" ");
LCD_1_PrHexByte(rxBuf[1] & 0xbf);


LCD_1_Position(1,0);
LCD_1_PrHexByte(rxBuf[8]); // Years
LCD_1_PrCString("/");
LCD_1_PrHexByte(rxBuf[7] & 0x9f); // Century/Months
LCD_1_PrCString("/");
LCD_1_PrHexByte(rxBuf[5] & 0x3f); // Days
LCD_1_PrCString(" ");
LCD_1_PrHexByte(rxBuf[6] & 0x07); // Weekdays
}
}
}
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://edycube.blog2.fc2.com/tb.php/201-368cc737

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

edy

最新記事一覧(サムネイル画像付き)

ブリッジドT発振回路(3)光るランプ Oct 16, 2017
ダイソーのかぼちゃで電飾 Oct 08, 2017
ブリッジドT発振回路(2)オペアンプとっかえひっかえ Oct 07, 2017
ブリッジドT発振回路(1) Oct 02, 2017
AD587を使った基準電源【追加有り】 Oct 01, 2017
DABPを使った発振回路(5)ランプの特性、分圧抵抗を変更、コンデンサを変更。 Sep 24, 2017
DABPを使った発振回路(4)ランプ変更(修正版) Sep 18, 2017
DABPを使った発振回路(3)LEDからランプ制御へ Sep 09, 2017
DABPを使った発振回路(2) Sep 03, 2017
DABPを使った発振回路 Aug 27, 2017

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログリンク

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  12  11  10  09  07  05  04  03  04  03  01  12  11  10  08  07  06  05  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 

カテゴリ

プログラミング (0)
freescale (1)
AVR (3)
テルミン (16)
緊急警報放送 (3)
78K (1)
PSoC (295)
地上デジタル放送 (2)
電子工作 (420)
HX711 (2)
ACS712 (6)
数学 (6)
パソコン (12)
PLC (14)
未分類 (39)
ブログ関係 (20)
スカイプ (37)
ロボット (1)
LTSpice (8)
OCXO (0)
arduino (32)
maxima (1)
フランクリン発振回路 (3)
GPS (3)
DTMF (1)
Linux (1)
KOMAINO (7)

タグリスト

最近のコメント

最近のトラックバック

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

アクセス

RSSリンクの表示

フリーエリア

FC2Ad

まとめ

Template by たけやん