迷走の果て・Tiny Objects

迷走する日々の覚え書きです。自分で分かってることは省略してますので、念のため。

続・実験中

i2c060627_10.1μのキャパシタを接続、これがないと変換結果がばたつく。


ADS1110はI2Cアドレスがチップ固定である。
私が買ったADS1110は正しくはADS1110A0IDBVT。
I2Cアドレスは
ADS1110A0IDBVT・・・1001000
ADS1110A1IDBVT・・・1001001
ADS1110A2IDBVT・・・1001010
・・・
といった具合に決まっている。
私は同じのを十個も買ってしまった、当然I2Cアドレスも同じ、パラレルに繋げられない。
PSoCはピンが空いている限り複数のI2Cポートを持てるからいいのだ(と強がっておく、う~んヤフオクで売るか・・・)
i2c060627_2入力は差動になっている。
同じ入力を与えたら変換結果は0になるか実験してみた。
結果は-55となった、これぐらいのオフセットは仕方ないだろう。
分解能16ビットなので0.1%以下だし。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://edycube.blog2.fc2.com/tb.php/229-80322444

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

edy

最新記事一覧(サムネイル画像付き)

ブリッジドT発振回路(3)光るランプ Oct 16, 2017
ダイソーのかぼちゃで電飾 Oct 08, 2017
ブリッジドT発振回路(2)オペアンプとっかえひっかえ Oct 07, 2017
ブリッジドT発振回路(1) Oct 02, 2017
AD587を使った基準電源【追加有り】 Oct 01, 2017
DABPを使った発振回路(5)ランプの特性、分圧抵抗を変更、コンデンサを変更。 Sep 24, 2017
DABPを使った発振回路(4)ランプ変更(修正版) Sep 18, 2017
DABPを使った発振回路(3)LEDからランプ制御へ Sep 09, 2017
DABPを使った発振回路(2) Sep 03, 2017
DABPを使った発振回路 Aug 27, 2017

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログリンク

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  12  11  10  09  07  05  04  03  04  03  01  12  11  10  08  07  06  05  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 

カテゴリ

プログラミング (0)
freescale (1)
AVR (3)
テルミン (16)
緊急警報放送 (3)
78K (1)
PSoC (295)
地上デジタル放送 (2)
電子工作 (420)
HX711 (2)
ACS712 (6)
数学 (6)
パソコン (12)
PLC (14)
未分類 (39)
ブログ関係 (20)
スカイプ (37)
ロボット (1)
LTSpice (8)
OCXO (0)
arduino (32)
maxima (1)
フランクリン発振回路 (3)
GPS (3)
DTMF (1)
Linux (1)
KOMAINO (7)

タグリスト

最近のコメント

最近のトラックバック

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

アクセス

RSSリンクの表示

フリーエリア

FC2Ad

まとめ

Template by たけやん