迷走の果て・Tiny Objects

迷走する日々の覚え書きです。自分で分かってることは省略してますので、念のため。

石塚電子のサーミスタ

onod060709_1サーミスターは温度によって抵抗が変化する。
ただし変化はリニアでない。

石塚電子のサイトから引用する。
R1=R2exp(B(1/T1-1/T2))
T1,T2:絶対温度
R1,R2:T1,T2における抵抗値
B:B定数
103ATは25°で10KΩ、B=3435。
これを上の式に入れて解くとある抵抗値の時の温度が求まる。
はじめてのPSoCマイコン第6章ではこの方法でサーミスタ温度計を作っている。
ただこの式はあくまで近似式であるので当てはまらなくなる温度領域がある。
石塚電子からサーミスタのデータシートが入手できるので上の式を当てはめてみると低い温度でのずれが目立つ。
室温ぐらいでは充分当てはまるんだけど。
PSoCはROMが多い、16Kもある。それをいいことにこのデータシートを記憶させてしまうことを考えた。
-50度までは必要ないだろうと思い、-40度から105度までの一度ずつの抵抗値を浮動小数点で記憶させる、一つのデータで4バイトだから600バイトほど必要になる。
const float Rtable[]={
188.5 , 178.5 , 169 , 160.2 , 151.9 , 144.1 , 136.7 , 129.8 , 123.3 , 117.1 ,
111.3 , 105.7 , 100.5 , 95.52 , 90.84 , 86.43 , 82.26 , 78.33 , 74.61 , 71.1 ,
67.77 , 64.57 , 61.54 , 58.68 , 55.97 , 53.41 , 50.98 , 48.68 , 46.5 , 44.43 ,
42.47 , 40.57 , 38.77 , 37.06 , 35.44 , 33.9 , 32.44 , 31.05 , 29.73 , 28.48 ,
27.28 , 26.13 , 25.03 , 23.99 , 23 , 22.05 , 21.15 , 20.3 , 19.48 , 18.7 ,
17.96 , 17.24 , 16.56 , 15.9 , 15.28 , 14.69 , 14.12 , 13.58 , 13.06 , 12.56 ,
12.09 , 11.63 , 11.2 , 10.78 , 10.38 , 10 , 9.632 , 9.281 , 8.944 , 8.622 ,
8.313 , 8.014 , 7.728 , 7.454 , 7.192 , 6.94 , 6.699 , 6.467 , 6.245 , 6.032 ,
5.827 , 5.629 , 5.438 , 5.255 , 5.08 , 4.911 , 4.749 , 4.593 , 4.443 , 4.299 ,
4.16 , 4.026 , 3.896 , 3.771 , 3.651 , 3.536 , 3.425 , 3.318 , 3.215 , 3.116 ,
3.02 , 2.927 , 2.838 , 2.751 , 2.668 , 2.588 , 2.511 , 2.436 , 2.364 , 2.295 ,
2.228 , 2.163 , 2.1 , 2.039 , 1.98 , 1.924 , 1.869 , 1.816 , 1.765 , 1.716 ,
1.668 , 1.622 , 1.577 , 1.533 , 1.492 , 1.451 , 1.412 , 1.373 , 1.336 , 1.301 ,
1.266 , 1.232 , 1.2 , 1.168 , 1.137 , 1.108 , 1.079 , 1.051 , 1.024 , 0.9984 ,
0.9731 , 0.9484 , 0.9246 , 0.9014 , 0.8789 , 0.8572
};
あとはサーミスタの抵抗値を求め、データに照らし合わせて温度を二分法で求める。はじめてのPSoCマイコン第6章のプログラムを若干修正して使わせていただいた。

主に修正した部分
while(1) {
adatIn = get_adc(AMUX4_1_PORT0_7);
adatLo = get_adc(AMUX4_1_PORT0_3);
adatHi = get_adc(AMUX4_1_PORT0_5);
fval =REF_R *(float)(adatIn-adatLo)/(float)(adatHi-adatIn);
pL=0;
pH=144;
while (pH-pL >1) {
pM=(pH+pL)/2;
if (Rtable[pM] < fval)
{ pH=pM; }
else { pL=pM; }
}
temp= pL - 40 +(fval - Rtable[pL])/(Rtable[pH]-Rtable[pL]);
prdevice = PD_SIO; // シリアルポートへ出力
printf("Hi:%04XH Lo:%04xH In:%04xH ",adatHi,adatLo,adatIn);
printf(" %s %06fKohm %04f゚C\n","--->",fval,temp);
prdevice = PD_LCD; // 液晶へ出力
cursor(0,0);
printf("%06fKOHM\n",fval);
printf("%04f゚C",temp);
}

onod060709_2サーミスタを腋の下に挟み数分経ったときの表示。
このサーミスタはおそらくこの付近の温度を正確に測れるように作ってあるのではないか。


関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://edycube.blog2.fc2.com/tb.php/235-38234859

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

edy

最新記事一覧(サムネイル画像付き)

店の電飾(2)回路の変更とスケッチ Jun 25, 2017
店の電飾 Jun 18, 2017
Arduino Pro Microを試す。(3)HIDとして使う(2) Jun 15, 2017
Arduino Pro Microを試す。(2)HIDとして使う Jun 04, 2017
Arduino Pro Microを試す。(1) Jun 03, 2017
脈拍センサー MAX30102を試す(2)MAX30100と比較 May 29, 2017
脈拍センサーMAX30102を試す(1) May 25, 2017
脈拍センサーMAX30100を試す(5) May 20, 2017
MT3608モジュールを使ったDSO Shell用電源 May 16, 2017
脈拍センサー MAX30100を試す(4)MAX30100_Registers.h を調べる。 May 13, 2017

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログリンク

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  12  11  10  09  07  05  04  03  04  03  01  12  11  10  08  07  06  05  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 

カテゴリ

プログラミング (0)
freescale (1)
AVR (3)
テルミン (16)
緊急警報放送 (3)
78K (1)
PSoC (295)
地上デジタル放送 (2)
電子工作 (403)
HX711 (2)
ACS712 (6)
数学 (6)
パソコン (12)
PLC (14)
未分類 (39)
ブログ関係 (20)
スカイプ (37)
ロボット (1)
LTSpice (8)
OCXO (0)
arduino (31)
maxima (1)
フランクリン発振回路 (3)
GPS (3)
DTMF (1)
Linux (1)
KOMAINO (7)

タグリスト

最近のコメント

最近のトラックバック

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

アクセス

RSSリンクの表示

フリーエリア

FC2Ad

まとめ

Template by たけやん