迷走の果て・Tiny Objects

迷走する日々の覚え書きです。自分で分かってることは省略してますので、念のため。

フランクリン発振回路について2

フランクリンLM311
LCmeterでよく使われている回路ですが、大きなインダクタで誤差が生じる原因を調べていたのですが、既におじさん工房さんところで説明がなされていました。
伝播遅延によって発振周波数がずれるということは全く思いつきませんでした(汗
自分なりに計算してみたので記しておきます。
フランクリン等価回路

先ず上の回路の大雑把な等価回路は左図上のようになります。

さらに交流等価回路は左図下のようになります。
A/3になっているのは出力がR3とR1//R2によって分圧されるからです。
(ちなみにR2//R3とはR2とR3の並列接続を意味します)


LCR伝達関数
となるとこのようなR-L//C回路の伝達関数を求める必要があります。

LC共振回路伝達関数1


LC共振回路伝達関数2


今日はこのへんで・・・・もう寝ます。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://edycube.blog2.fc2.com/tb.php/518-61eb18a5

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

edy

最新記事一覧(サムネイル画像付き)

DABPを使った発振回路(4)ランプ変更(修正版) Sep 18, 2017
DABPを使った発振回路(3)LEDからランプ制御へ Sep 09, 2017
DABPを使った発振回路(2) Sep 03, 2017
DABPを使った発振回路 Aug 27, 2017
DABP(Dual Amplifer Band Pass)フィルタとGIC(Generated Immitance Converter)の解析 Aug 22, 2017
百均のUSB LED電球(2) Aug 13, 2017
百均のUSB LED電球 Aug 11, 2017
状態変数型バンドパスフィルタ(2) Aug 05, 2017
状態変数型バンドパスフィルタの解析、発振回路に応用するため。 Jul 30, 2017
CJMCU Beetleを試す Jul 29, 2017

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログリンク

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  12  11  10  09  07  05  04  03  04  03  01  12  11  10  08  07  06  05  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 

カテゴリ

プログラミング (0)
freescale (1)
AVR (3)
テルミン (16)
緊急警報放送 (3)
78K (1)
PSoC (295)
地上デジタル放送 (2)
電子工作 (414)
HX711 (2)
ACS712 (6)
数学 (6)
パソコン (12)
PLC (14)
未分類 (39)
ブログ関係 (20)
スカイプ (37)
ロボット (1)
LTSpice (8)
OCXO (0)
arduino (32)
maxima (1)
フランクリン発振回路 (3)
GPS (3)
DTMF (1)
Linux (1)
KOMAINO (7)

タグリスト

最近のコメント

最近のトラックバック

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

アクセス

RSSリンクの表示

フリーエリア

FC2Ad

まとめ

Template by たけやん