迷走の果て・Tiny Objects

迷走する日々の覚え書きです。自分で分かってることは省略してますので、念のため。

24ビットADコンバータモジュールを試す(1)


数ヶ月前にアマゾンで買った24ビットADコンバータモジュールです。
当初、これを見つけたときに商品説明を読んでもよくわからなかったのですが、商品の写真からHX711というICが使われているのがわかり、データシートを入手して検討したところ、使えそうだと判断して購入しました。
私の場合、注文から商品到着まで数週間を要しました。
それにしてももうちょっとわかりやすい説明文がほしいものです、アマゾンさん。

モジュールの回路図です。
データシートのFig.4 Reference PCB board schematicを参考にして、目視と導通テスターで調べました。
ただし、これに間違いがないとは保証できませんので、念のため。
HX711ボード
データシートに
designed for weigh scales and industrial control applications to interface directly with a bridge sensor.
とあるように、電子秤などに使うのが目的のようですが、高感度の電圧計として使えないかと目論見ました。
当初、PSoCにつないであれこれ実験していたのですが、他に面白そうなデバイスを見つけたので、興味がそちらに行ってしまい、しばらく放置したままでした。
今まで何度もこういうことを繰り返しています、こうやって部屋の中はろくに使わないパーツで埋まってくのです^^;;

それはさておき、「びんぼうでいいの」を使い出したので、Arduinoの勉強を兼ねて「びんぼうでいいの」につないでみました。

まずはHX711について。
AチャンネルとBチャンネルの二つの入力があります。
Aチャンネルはゲインが128倍と64倍に切り替えが出来ます。
Bチャンネルはゲイン32倍固定です。
この切り替え方法がユニークです。
シリアル接続のADコンバータなのでクロックを送ってデータを1ビットずつ読み出します、24bitADコンバータなので24クロック送りますが、チャンネル/ゲイン切り替えに追加クロックを送るのです。
1クロック追加でAチャンネル、ゲイン128倍
2クロック追加でBチャンネル、ゲイン32倍
3クロック追加でAチャンネル、ゲイン64倍
となり、以後のAD変換がこの設定で行われます。
トータルで25~27クロック送ることになります。この範囲外だとデータシートによれば変換がおかしくなるようです。 とりあえずのArduinoのスケッチです、Arduinoには不慣れなのであれこれてこずりました。
20回の平均化しています。
当初、getADC()はビットシフトを使ったのですが、どうにもうまくいかず、今のようになりました。
もうちょっと勉強しないと・・・。


// HX711 test
// 2015/01/06 edy
//
const int CLK=14;
const int DOUT=15;

void setup() {
  pinMode(CLK, OUTPUT);
  pinMode(DOUT, INPUT);
  digitalWrite(CLK, HIGH); //Reset and Power-Down
  delayMicroseconds(100);
  digitalWrite(CLK, LOW); //normal operation mode

  Serial.begin(9600);
}
void loop() {
 long adc=0;
for( int i=0 ; i<20 ; i++) {
   adc+=getADC();
}
adc/=20;
Serial.println(adc,DEC);

  //delay(200);
}

long getADC() {
  long ADCresult;
  while (digitalRead(DOUT))
    ;
  ADCresult=0;
  for (int i=0 ; i<24 ; i++) {
    digitalWrite(CLK, HIGH);
    ADCresult = ADCresult*2+digitalRead(DOUT);
    digitalWrite(CLK, LOW);
  }
   //Input Channel and Gain Selection
  //25 clock pulses:Cannel A,Gain 128
  //26 clock pulses:Cannel B,Gain 32
  //27 clock pulses:Cannel A,Gain 64
  digitalWrite(CLK, HIGH);
  digitalWrite(CLK, LOW);
  digitalWrite(CLK, HIGH);
  digitalWrite(CLK, LOW);
  //digitalWrite(CLK, HIGH);
  //digitalWrite(CLK, LOW);
 
  if (ADCresult>=8388608) { ADCresult-=16777216; } // 8388608=2^23 16777216=2^24
  return ADCresult;
}

 
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://edycube.blog2.fc2.com/tb.php/729-f7a07265

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

edy

最新記事一覧(サムネイル画像付き)

脈拍センサーMAX30102を試す(1) May 25, 2017
脈拍センサーMAX30100を試す(5) May 20, 2017
MT3608モジュールを使ったDSO Shell用電源 May 16, 2017
脈拍センサー MAX30100を試す(4)MAX30100_Registers.h を調べる。 May 13, 2017
脈拍センサー MAX30100を試す(3)正常動作?? May 12, 2017
脈拍センサー MAX30100を試す(2)スケッチとライブラリー May 10, 2017
脈拍センサー MAX30100を試す(1) May 08, 2017
Studuino用電池ボックスを作る(2) May 06, 2017
Studuino用電池ボックスを作る May 05, 2017
MT3608モジュールのテスト Apr 30, 2017

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログリンク

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  12  11  10  09  07  05  04  03  04  03  01  12  11  10  08  07  06  05  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 

カテゴリ

プログラミング (0)
freescale (1)
AVR (3)
テルミン (16)
緊急警報放送 (3)
78K (1)
PSoC (295)
地上デジタル放送 (2)
電子工作 (400)
HX711 (2)
ACS712 (6)
数学 (6)
パソコン (12)
PLC (14)
未分類 (39)
ブログ関係 (20)
スカイプ (37)
ロボット (1)
LTSpice (8)
OCXO (0)
arduino (28)
maxima (1)
フランクリン発振回路 (3)
GPS (3)
DTMF (1)
Linux (1)
KOMAINO (7)

タグリスト

最近のコメント

最近のトラックバック

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

アクセス

RSSリンクの表示

フリーエリア

FC2Ad

まとめ

Template by たけやん