迷走の果て・Tiny Objects

迷走する日々の覚え書きです。自分で分かってることは省略してますので、念のため。

ArduinoにRTC-8564をつなぐ(2)回路をちょこっと変更

バックアップ用の電気二重層コンデンサの減りがやたらと早い、半日と持たない。
どうにもおかしいと思ってたら、理由がわかりました。

RTCのCLKOUTを直接ArduinoのD2入力につないだのが原因です。
Arduino の電源をオフにするとRTCのCLKOUTから入力保護用のダイオードを通して電流が流れていたようです。
ATmega日本語データシートの44ページから引用します。
ATmega入力保護回路

RTCのTimerを使ってINTピンから割り込みをかければいいのでしょうが、Timerを後で使う余地を残しておきたいのと、スケッチ書き換えがちょっと面倒(汗)なので、手持ちにあった2N7000を使いました。
Arduino_RTC接続回路2
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://edycube.blog2.fc2.com/tb.php/893-89022d96

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

edy

最新記事一覧(サムネイル画像付き)

DABPを使った発振回路(4)ランプ変更(修正版) Sep 18, 2017
DABPを使った発振回路(3)LEDからランプ制御へ Sep 09, 2017
DABPを使った発振回路(2) Sep 03, 2017
DABPを使った発振回路 Aug 27, 2017
DABP(Dual Amplifer Band Pass)フィルタとGIC(Generated Immitance Converter)の解析 Aug 22, 2017
百均のUSB LED電球(2) Aug 13, 2017
百均のUSB LED電球 Aug 11, 2017
状態変数型バンドパスフィルタ(2) Aug 05, 2017
状態変数型バンドパスフィルタの解析、発振回路に応用するため。 Jul 30, 2017
CJMCU Beetleを試す Jul 29, 2017

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログリンク

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  12  11  10  09  07  05  04  03  04  03  01  12  11  10  08  07  06  05  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 

カテゴリ

プログラミング (0)
freescale (1)
AVR (3)
テルミン (16)
緊急警報放送 (3)
78K (1)
PSoC (295)
地上デジタル放送 (2)
電子工作 (414)
HX711 (2)
ACS712 (6)
数学 (6)
パソコン (12)
PLC (14)
未分類 (39)
ブログ関係 (20)
スカイプ (37)
ロボット (1)
LTSpice (8)
OCXO (0)
arduino (32)
maxima (1)
フランクリン発振回路 (3)
GPS (3)
DTMF (1)
Linux (1)
KOMAINO (7)

タグリスト

最近のコメント

最近のトラックバック

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

アクセス

RSSリンクの表示

フリーエリア

FC2Ad

まとめ

Template by たけやん