迷走の果て・Tiny Objects

迷走する日々の覚え書きです。自分で分かってることは省略してますので、念のため。

非接触温度センサTMP007を試す(4)ひとまず終了

TMP007は5Vで動かしてたのですが、スケッチを読んでみると3.3Vで使え、とあるので変更しました。
スケッチのコメントには
// Connect VCC to +3V (its a quieter supply than the 5V supply on an Arduino
とあります。
今回のスケッチ、オリジナルをちょっと変更しただけです。

/*************************************************** 
 This is an example for the TMP007 Barometric Pressure & Temp Sensor

 Designed specifically to work with the Adafruit TMP007 Breakout
 ----> https://www.adafruit.com/products/2023
 
 These displays use I2C to communicate, 2 pins are required to  
 interface
 Adafruit invests time and resources providing this open source code,
 please support Adafruit and open-source hardware by purchasing
 products from Adafruit!

 Written by Limor Fried/Ladyada for Adafruit Industries.  
 BSD license, all text above must be included in any redistribution
****************************************************/

#include <Wire.h>
#include "Adafruit_TMP007.h"

// Connect VCC to +3V (its a quieter supply than the 5V supply on an Arduino
// Gnd -> Gnd
// SCL connects to the I2C clock pin. On newer boards this is labeled with SCL
// otherwise, on the Uno, this is A5 on the Mega it is 21 and on the Leonardo/Micro digital 3
// SDA connects to the I2C data pin. On newer boards this is labeled with SDA
// otherwise, on the Uno, this is A4 on the Mega it is 20 and on the Leonardo/Micro digital 2

Adafruit_TMP007 tmp007;
//Adafruit_TMP007 tmp007(0x41);  // start with a diferent i2c address!

void setup() {
 Serial.begin(9600);
 Serial.println("Adafruit TMP007 example");

 // you can also use tmp007.begin(TMP007_CFG_1SAMPLE) or 2SAMPLE/4SAMPLE/8SAMPLE to have
 // lower precision, higher rate sampling. default is TMP007_CFG_16SAMPLE which takes
 // 4 seconds per reading (16 samples)
 tmp007.begin(TMP007_CFG_16SAMPLE);
 if (! tmp007.begin()) {
   Serial.println("No sensor found");
   while (1);
 }
}

void loop() {
  float obj_temp = tmp007.readObjTempC();
  Serial.print(obj_temp);Serial.print(",");
  float die_temp = tmp007.readDieTempC();
   Serial.println(die_temp);
  
  delay(4000); // 4 seconds per reading for 16 samples per reading
}

前回と同じ金属缶にお湯を入れての測定結果です。
今回は測定周期は約4秒です。600サンプル測定しましたので40分ほどかかりました。
140サンプル付近の落ち込みは遮蔽物(本)をはさんだためです。
TMP007湯温の測定グラフVCC3V3
間隔5ミリでの落ち込みは前回(TMP007のVCC=5V)よりは少ないようですが、間隔2ミリにすると落ち込みが大きいです。
このときダイ温度の変化が大きいのがわかります。
TMP007はサーモパイルを使ってます。
熱電対を多数並べたものなので冷点補償が必要です。それをダイ温度でやっているはずです(多分)
ダイ温度を測るセンサとサーモパイルの熱時定数の違いが急激な落ち込みの原因ではないか、などとあれこれ考えてるのですが、実のところサッパリわかりません。
データシートをちゃんと読まねば。
いずれにせよTMP007の実験はひとまず終了します、今の私にはちょっと手に負えません。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://edycube.blog2.fc2.com/tb.php/951-f4c5cfa3

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

edy

最新記事一覧(サムネイル画像付き)

BME280モジュールを使った温度・湿度・気圧計(2)DSO Shellを使って動作電流を測る Apr 23, 2017
BME280モジュールを使った温度・湿度・気圧計 Apr 23, 2017
DSO Shell(2)電源 Apr 16, 2017
小学一年生5月号付録 ドラえもん こえピアノ Apr 14, 2017
DSO Shell(1) Apr 13, 2017
非接触温度センサMLX90614を試す(6)プラケースに入れる Apr 03, 2017
アナログフィルタ Mar 28, 2017
非接触温度センサMLX90614を試す(5)Arduino pro miniを使ってみる Mar 19, 2017
非接触温度センサMLX90614を試す(4)耳内温を測ってみる。 Mar 12, 2017
非接触温度センサMLX90614を試す(3) Mar 11, 2017

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログリンク

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  12  11  10  09  07  05  04  03  04  03  01  12  11  10  08  07  06  05  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 

カテゴリ

プログラミング (0)
freescale (1)
AVR (3)
テルミン (16)
緊急警報放送 (3)
78K (1)
PSoC (295)
地上デジタル放送 (2)
電子工作 (390)
HX711 (2)
ACS712 (6)
数学 (6)
パソコン (12)
PLC (14)
未分類 (39)
ブログ関係 (20)
スカイプ (37)
ロボット (1)
LTSpice (8)
OCXO (0)
arduino (28)
maxima (1)
フランクリン発振回路 (3)
GPS (3)
DTMF (1)
Linux (1)
KOMAINO (7)

タグリスト

最近のコメント

最近のトラックバック

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

アクセス

RSSリンクの表示

フリーエリア

FC2Ad

まとめ

Template by たけやん