迷走の果て・Tiny Objects

迷走する日々の覚え書きです。自分で分かってることは省略してますので、念のため。

BME280モジュールを使った温度・湿度・気圧計

昨年の夏に実験したままで放置していたBME280モジュールを使った温度・湿度・気圧計をようやくユニバーサル基板に組みました。
完成正面

完成斜め

前の実験で使ったスケッチ書き込み済みのATMega328を載せ変えました。半年以上放置してたのにちゃんと動きました、まぁ当たり前ですが。
電源には秋月の3.3VDCDCコンバータを使いました。
スケッチ書き込み用にピンソケットを付けておきました。
書き込み時にはショートピンでVCCを切り替えるようにしてあります。
DCDCコンバータの説明書には
>出力に、外部からの電圧を加えないようにしてください。
とあるので、このようにしました。
完成2

回路図です。
BME280_OLED回路図
スケッチは以前のままです。

DSO Shell(2)電源

テスト信号の測定、周波数が1.000KHzと正確に表示されているように見えますが、同じクロックでテスト信号を作り、周波数を測っているのでこうなるのが当たり前です。
テスト信号


手持ちのDCDCコンバータモバイルバッテリーを使ってDSO Shell用の電源を作ってみました。

USBケーブルはたくさんあるので切ってホットボンドで無理やり固定しました。
DCDC表

DCDC裏

DCDCとモバイルバッテリー

これでACアダプタから開放はされましたが、どうにも不恰好です。基板むき出しなのを何とかしたいところです。


この手の電池ボックスはよく使います。電池1本分のスペースに簡単な回路を入れてよく使ってます。
電池ボックス

ここに入るDCDCコンバータモジュールを物色中。
ストロベリーリナックスさんのこれが小さくてよさそうなんですが、お値段が・・・(汗

Aliで見つけたのがMT3608を使ったモジュール、送料込み241円で5個?とりあえずポチッときました。斜めにすれば何とか入りそうですし。

MT3608のデータシートはこちらからダウンロードできます。




小学一年生5月号付録 ドラえもん こえピアノ

リンクさせて頂いているエアバリアブルさんが絶賛されていたので買ってみました、小学館の『小学一年生』5月号
特別付録の「ドラえもん こえピアノ」がお目当て。

ドラえもんは何してるかというと、スライドさせることによって音量調整・・・。それだけ
こえピアノ

これは面白いです、まだ分解してませんが。

DSO Shell(1)

DSO Shellです。
AliExpressで購入しました。


既に多くの方々が記事にされていますが、特にラジオペンチさんの記事は大変参考になりました。ありがとうございます。
買っていないのに申し訳ないのですが、秋月さんの制作上の注意点も参考になります。

◆部品に不足は無かったのですが、ひとつだけ名無しのキャパシタがありました。
以前買ったLCR-T4で確認、0.1μFでした。
印字なしのキャパシタ

◆苦労したのはケースの填め込みですが、先のラジオペンチさんの記事に倣ってドリルで面取りをしました。
填め込み

◆ボードの付け外しを何度もしましたが、その度にテスト信号用の端子を小さなスリットに入れるのが面度なので、かっこ悪いのですが写真のように切り落としました。
DSOShell_testsignal.jpg


◆手持ちのDCプラグを使いたかったのですが、短いので奥まで入りません。リーマーで穴を広げました。
DSOShell_電源端子

◆電源電圧の上限と下限。
マニュアル(英文)には
ICが壊れる恐れがあるから電源電圧は10V以上にしないように
と書かれてます。
これは負電圧発生用のICL7660の絶対最大定格が10.5Vだからです。

私は手持ちのモバイルバッテリと、これも手持ちの昇圧型DC-DCコンバータを組み合わせてDSO Shell の電源にしようと思ってます。
正常に動作するなら電圧は低いほうがバッテリの持ちはよくなります。
そこで電源電圧を9Vから6Vまで0.5Vステップで変えて電流と消費電力を測ってみました。
電圧(V)電流(mA)電力(W)
9.01100.99
8.51070.91
8.01050.84
7.51010.76
7.0980.69
6.5940.61
6.0910.55


電圧6Vでは正常動作しませんでした。
5KHzのサイン波を入れてみたのですが、下がつぶれてます。
VCC6V_5KHz.jpg

さらにLCDのバックライトは電源から電流制限抵抗を入れてあるだけなので電圧が低くなると画面も暗くなります。
とりあえず電源電圧は7.5V位にしておこうかと・・。

非接触温度センサMLX90614を試す(6)プラケースに入れる

手持ちにちょうどいい大きさのプラケースがあったので入れてみました。
MLX90614ケース入れ4

LCDを外したところ。
Arduino Pro mini互換ボードを使いました、シリアル接続用のヘッダピンのみ取り付けてます。必要なのは4ピンだけですから。
動かないように数箇所固定してるだけです。
基板はプラネジで固定しているんですが、手持ちがなくなったので今のところ二箇所のみ・・・。
MLX90614ケース入れ2

GY-906モジュールは外してケーブルで延長できるようにしました。
MLX90614ケース入れ3

角穴がきれいに開けられません。
MLX90614ケース入れ1

続きを読む »

アナログフィルタ

A Beginner's Guide to Filter Topologies
状態変数とかバイカッドとかの違いをはっきり知らないままだったのが、このページを読んでわかったのでメモ。
一部引用します。

H(s) = K (s + z1)(S + z2)/[(s + p1)(s + p2)]

This equation is called a biquadratic equation, or a biquad for short.

This means Sallen-Key filters, state-variable variable filters, multiple feedback filters and other types are all biquads. There also is a "biquad" topology to help further confuse things. Thus, the real filter names are biquad Sallen-Key, biquad state variable, and biquad (which will all be explained a little later)



サレンキ―フィルタ、状態変数フィルタは正しくはバイカッドサレンキ―フィルタ、バイカッド状態変数フィルタとなるが、ややこしいのがバイカッドフィルタもあるということ。

LTSpiceでのバンドパスフィルタのシミュレーション。
biquadBPF.jpg

続きを読む »

非接触温度センサMLX90614を試す(5)Arduino pro miniを使ってみる

【追記】
ラジオペンチさんのdelayWDTを使わせていただきました。
デジタルテスターによる目視なのでアバウトですが消費電流が約7mAまで減りました。
【追記終わり】

Arduino Nano互換ボードを使って実験していましたが、ケースに入れることを考えてArduino Pro Miniを試してみました。
Pro MiniはどうやらSparkfunが開発したもののようですね。
Sparkfun_pro_mini2.jpg
Sparkfun商品ページより引用。

私が買ったのは中華製の互換ボードです。ピン配置に一部違いがあります。長辺側はいいのですが、短辺側に違いがあります。
シリアルアダプタとつなぐピン配置が逆になってます。オリジナル通りの互換ボードもあるようです。
Arduino_prp_mini.jpg

ブレッドボードにて実験。
抵抗が見えますが、5Vを分圧してます、使ったLCDが3.3V版だからです。そこで5V版の回路図に倣って分圧しました。
手持ちの関係で3.3KΩ並列と3.9KΩを使ってます。
GY906とArduinoprominiとLCD


回路図です。USB-シリアルアダプタはこれを使ってます。
Pro MiniのパーツはBSch3Vに付属の部品ライブラリエディタ LCoVで作成しましたが、A4とA5がボードの内側にあるのでやむなく外側に引き出してあります。
proMini_GY906_LCD.jpg

USB-シリアルアダプタを外して動作させたときの消費電流は約20mAでした。
分圧抵抗に約1mA流れてるのが気に入らないのでいじる予定です。

いっそ全体を3.3Vで動作させてしまえばいいんでしょうけど。

非接触温度センサMLX90614を試す(4)耳内温を測ってみる。

【末尾にスケッチ追加】
手持ちのケーブルを繋いでGY-906を延長してみました。
耳内温を測るためです。
ケーブルで延長

耳内温については体温計を販売しているテルモさんのページに説明があります。最後の方です。
耳の中の赤外線から体温を測るわけです。

シリアルモニタに出してみました。
行ごとに数値が二つ出てますが、最初のがセンサー出力、次がセンサー自身の温度。
耳の穴に入れると37度前後と出てますが、ばらついてます。位置をあれこれ変えたのですが、なかなか安定しません。
モジュールの半田付け部分が耳にあたって痛いし(汗
作り直したほうがいいのかも。
その前に耳掃除をしておくべきでした。センサーを見ると結構汚れてました(汗
耳内温
ちなみに腋の下で測る体温計が二つあるので測ってみると36.7度、36.9度でした。



非接触温度センサMLX90614を試す(3)

KOMAINOに振り回されて放置したままだったMLX90614ですが、以前の記事で使った基板にGY-906を載せLCDも付けました。
GY906とArduinoとLCD3

一応回路図。GY-906モジュールは5V動作ですが内部に3.3Vレギュレータが入ってます、LCDモジュールは3.3V動作です。よってI2Cバスは3.3V動作です。
Arduinoは5V動作ですが、ATMegaの入力ポートはシュミットトリガ入力で閾値は2.5V程度であることは以前に確認してますのでノイズマージンがI2Cバス5V動作時に比べて減りますが、動作してます。
NANO_GY906_LCD.jpg

変なことやってますが(汗)実験です。
黒い箱はゴミ箱、これに水と凍らせた保冷剤を入れ、距離を変えながら表面温度を測ろうというわけです。
MLXtest距離実験の様子170212

上から見た様子、方眼紙の黒い線は視野角を表してます。
MLXtest距離実験の様子170212_2

距離を変えながらCPLTでデータを取り込んでグラフ化しました。
縦軸は1div=1℃です、最初は約4℃でした。
横軸は1div=50サンプル、1サンプル約0.5秒です。1divごとに距離を変えてます。
距離はグラフに書き込んであります、これにはJTrimを使いました、私の定番ソフトです。
距離12センチで大きく変動しているのは間に遮蔽物(トラ技^^;;)をはさんだからです。遮蔽物を外すとちゃんと元の温度に戻ります。
反応もいいです。
MLXtest距離170211
5センチぐらいだとほとんど変化がありません。

Wi-Fi搭載マイコンボードKOMAINO(8)回路図(一部)とシリアル接続

回路図です、一部しか調べてません。
目視と導通チェッカで調べましたが、間違いがあるかもしれません、念のため。
参考にされるならあくまで自己責任でお願いします。
KOMAINO回路2
プルアップおよびプルダウン抵抗の値は調べてません。
WROOM-02の左下にTP1があります、これはIO0(8pin)につながってます。
2.5ミリミニジャック付近にはTP2およびTP3があります、これはTXD、RXDにつながってます。

KOMAINOの横につけた基板に部品を追加し、USBシリアルアダプタを繋ぎ、シリアル接続でスケッチのアップロードができました。
基板上の抵抗は(役に立つかどうかわかりませんが)保護用です、無駄に金皮使ってますがアマゾンで買ったものです、1本1円以下。
KOMAINOシリアル接続

裏面です、リセットを引き出すためにESP-WROOM-02の4pinに半田付けしてます。
他は先に書いたTP1~TP3に半田付けしました。
KOMAINO拡張裏

シリアルでの書き込みはSW1を押したままでリセットスイッチを押して離します、次にSW1を離します。
それからArduino IDEで書き込みを開始します。
結構時間がかかってしまいます。ボーレートの問題でしょうか?
前回の記事のスケッチをアップロードしてみました。
うまくいくと次のようなメッセージが出ました。


最大1044464バイトのフラッシュメモリのうち、スケッチが282025バイト(27%)を使っています。
最大81920バイトのRAMのうち、グローバル変数が37656バイト(45%)を使っていて、ローカル変数で44264バイト使うことができます。
Uploading 286176 bytes from C:\Users\edy\AppData\Local\Temp\arduino_build_731582/komauno_LCD.ino.bin to flash at 0x00000000
................................................................................ [ 28% ]
................................................................................ [ 57% ]
................................................................................ [ 85% ]
........................................ [ 100% ]


« 新しい日記に行く  | HOME |  古い日記に行く »

文字サイズの変更

プロフィール

edy

最新記事一覧(サムネイル画像付き)

脈拍センサーMAX30100を試す(5) May 20, 2017
MT3608モジュールを使ったDSO Shell用電源 May 16, 2017
脈拍センサー MAX30100を試す(4)MAX30100_Registers.h を調べる。 May 13, 2017
脈拍センサー MAX30100を試す(3)正常動作?? May 12, 2017
脈拍センサー MAX30100を試す(2)スケッチとライブラリー May 10, 2017
脈拍センサー MAX30100を試す(1) May 08, 2017
Studuino用電池ボックスを作る(2) May 06, 2017
Studuino用電池ボックスを作る May 05, 2017
MT3608モジュールのテスト Apr 30, 2017
BME280モジュールを使った温度・湿度・気圧計(2)DSO Shellを使って動作電流を測る Apr 23, 2017

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログリンク

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  12  11  10  09  07  05  04  03  04  03  01  12  11  10  08  07  06  05  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 

カテゴリ

プログラミング (0)
freescale (1)
AVR (3)
テルミン (16)
緊急警報放送 (3)
78K (1)
PSoC (295)
地上デジタル放送 (2)
電子工作 (399)
HX711 (2)
ACS712 (6)
数学 (6)
パソコン (12)
PLC (14)
未分類 (39)
ブログ関係 (20)
スカイプ (37)
ロボット (1)
LTSpice (8)
OCXO (0)
arduino (28)
maxima (1)
フランクリン発振回路 (3)
GPS (3)
DTMF (1)
Linux (1)
KOMAINO (7)

タグリスト

最近のコメント

最近のトラックバック

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

アクセス

RSSリンクの表示

フリーエリア

FC2Ad

まとめ

Template by たけやん